↓↓ランキング参加中です!ぽちっとたのんますー↓↓
にほんブログ村 株ブログ 株初心者へ

2008年11月02日

勝率を下げる要因とは

勝率を下げる要因とは・・・

サイコロと人間にとって決定的に違うもの、それは考えることだと思います。

いらない考えをして、自分にとって都合のより解釈をしたり、相場に対して自分の思い通りになってほしいと期待することで、損失を膨らませてしまうのではないでしょうか。

このように考えてしまう人間の心理は、欲そのものだということです。もっと稼ぎたい、損失を確定したくない、そのような欲を持つこと自体、相場で損失を生むリスクを抱えていることになるのでしょう。

この欲を持たないということは大変難しいことだと思います。
本来相場をする人間は、資金を増やそうと思ってこの世界に飛び込んでくるわけで、最初から損をしようとして入ってくる人はいないはずです。
そして相場の世界では利益を上げるという結果がすべてです。

相場の目的を達成するためには利益を上げるという欲求であるにもかかわらず、その欲自体が相場で損失を生む最大のリスクとなっているとは、なんという矛盾でしょうか。

テクニカルや、ファンダ、情報など云々ではなく、この矛盾をどのようにコントロールしていくかが、最重要課題だと思っています。

【関連する記事】
posted by mokasuke at 23:00| Comment(2) | 相場考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モカすけさん、お世話になってます。

実に思慮深いご意見ですね。

欲がなければ儲けられる。でもそもそも儲けたい欲があるから相場の世界にいる。そこに矛盾が生まれ、それ自体がリスクになっている。その通りだと思います。

 儲けたい強欲やその裏腹の恐怖心により判断がぐらつくことがあり、考えさせられるところがありました。
 無欲になることは無理でも、コントロールすることにより、少なくともサイコロ程度には勝率は上げられるということですね。
Posted by にこりっち at 2008年11月03日 16:49
にこりっちさん、こちらこそお世話になっています。

今まで多々損失を出してきて痛感したことはメンタルコントロールこそ一番大事なんだなーということなんですよ。

狼狽売りとはよく言ったもので、狼狽した状態のトレードこそが損失の源だと感じております。

そうはいっても恐怖を感じることはありますが、怖いと思うことと、びびることは別物だと信じています。

びびるということは、恐怖に負けた状態ではないでしょうか。

これからもびびらないように、めげずに続けていきたいです。
Posted by モカすけ at 2008年11月07日 07:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。